債務整理ナビトップ > 用語辞典 > アコム(あこむ) 用語辞典

アコム(あこむ)

商号:アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)
主な事業内容:ローン事業・総合あっせん事業(クレジットカード事業)・信用保証事業
本社所在地:東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル
創業年月日:昭和11年(1936年)4月2日
設立年月日:昭和53年(1978年)10月23日
資本金:638億3,252万円
代表取締役会長:木下 恭輔
代表取締役副会長:大橋 雄治
代表取締役社長:木下 盛好


Wikipediaによると、
アコム(acom)とは、Affection(愛情)、Confidence(信頼)、Moderation(節度)の意。

現会長木下恭輔の実父・木下政雄(1910年明石市生まれ)が、神戸の呉服店で奉公した後、1936年(昭和11)4月2日 神戸三宮に丸糸呉服店を創業した(木下政雄の個人事業)。1947年ごろから質屋も始め、それが現在のアコムの前身である。その後、1978年にアコムを設立した。

企業理念は「アコムは人間尊重の精神とお客さま第一義にもとづき 創造と革新の経営を通じて 楽しく豊かなパーソナルライフの実現と生活文化の向上に貢献する」とある。

2006年12月、グレーゾーン金利の利息返還を少なくする目的で、顧客取引履歴を隠すなどしていたとして、この行為が貸金業規制法に違反するとし、同月中に一部業務の停止命令を出すとの報道がなされたが、山本有二金融担当相は「記事が出ること自体理解できない。報告も受けていない。唐突な記事だと思う」と述べ、事実確認がまたれる。また、同年8月に金融庁検査が行われたが、行政処分等はされていない。

2007年6月18日から業界に先駆け、12~18%の制限利率にて営業している。この際、広告には「71年目のアコムです」と告知しているが、これは呉服店創業から数えてのものである。

最近の動き
平成17年1月
「株式会社ディーシーカード(現・三菱UFJニコス株式会社)」の株式を一部取得
「株式会社東京三菱キャッシュワン」の株式を取得し、同時に「株式会社DCキャッシュワン」に商号変更(現・連結子会社)

平成17年3月
「エムティービーキャピタル株式会社」の全株式を取得し、同時に「エーシーベンチャーズ株式会社」に商号変更(現・連結子会社)
金融関連コールセンター受託事業等の「株式会社リレイツ」事業開始(現・連結子会社)

平成17年4月
「SIAM A&C CO.,LTD.」から「EASY BUY Public Company Limited」に商号変更(現・連結子会社)

平成17年9月
中国の北京大学と共同で「北京大学アコム金融情報研究所」を設立
ニューヨーク銀行を預託銀行とする、スポンサー付きADR(米国預託証券)プログラムを設立

平成17年10月
「株式会社ディーシー債権回収」の全株式を取得

平成17年12月
「ACOM(U.S.A.)INC.」を存続会社とする吸収合併で「ACOM INTERNATIONAL,INC.」を解散

平成18年1月
「アイ・アール債権回収株式会社」を存続会社とする吸収合併で「株式会社ディーシー債権回収」を解散

平成18年7月
ベトナムにおける金融事業の展開を視野にホーチミン駐在事務所を開設

平成18年8月
中国における金融事業の展開を視野に北京駐在事務所を開設
ローン契約書類の管理を中心とする営業事務をBTO(ビジネス・トランスフォメーション・アウトソーシング)サービスとして「日本アイ・ビー・エム株式会社」へ委託

平成18年10月
「有限会社アジャスト」の損害・生命保険代理事業を廃止し、「エイビーパートナー株式会社」で新たに損害・生命保険代理業を開始

平成19年2月
「ジェイシーケイクレジット株式会社」を存続会社とする吸収合併で「有限会社アジャスト」を解散

平成19年4月
「アコムエステート株式会社」を存続会社として「ジェイ・エル・エイ株式会社」および「エービス株式会社」を吸収合併し、同時に「ジェイ・エル・エイ株式会社」に商号変更
信販事業を「ジェイシーケイクレジット株式会社」に承継し、同時に「アフレッシュクレジット株式会社」に商号変更(現・連結子会社)

平成19年6月
消費者向け無担保ローンの新規貸出上限金利を18%に引き下げ
インターネット融資・返済サービスの一層の充実を目的に「イーバンク銀行株式会社」と業務提携

平成19年11月
「株式会社三菱東京UFJ銀行」が提供する個人向けカードローンの保証業務の取り扱いを開始

平成19年12月
「株式会社三菱東京UFJ銀行」との共同出資により、インドネシア共和国の「PT. BANK NUSANTARA PARAHYANGAN Tbk.」を買収(現・連結子会社)

平成20年2月
「アイ・アール債権回収株式会社」の全株式を取得し、100%子会社化

平成20年3月
社会貢献活動の一環として業界初となるCO2排出権信託受益権を取得

平成20年7月
「スルガ銀行株式会社」が提供する事業者ローンの保証業務の取り扱いを開始

平成20年9月
「株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ」「株式会社三菱東京UFJ銀行」との戦略的業務・資本提携を一層強化することについて合意

平成20年12月
「アコムレンタル株式会社」「ジェイ・エル・エイ株式会社」の一部株式をマルイト株式会社に譲渡
「株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ」を親会社とする連結子会社化

過払い・債務整理無料WEB相談24時間受付

過払い金の返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で弁護士相談する
2.弁護士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い 金 の請求
7.和解(契約)書の締結

Y-sch
弁護士 web相談24時間 お問い合わせフォーム。お気軽にご相談ください。 | 過払いナビ