過払いナビトップ > 過払い関連ニュース > 2009年06月のアーカイブ

元社長宅立ち入りへ SFCG破産管財人 週内にも 資産流出防ぐ狙い

2009年06月30日

東京新聞によると、

破産手続きが進む商工ローン大手SFCG(旧商工ファンド)の破産管財人は今週中にも、大島健伸元社長の資産を調べるため、東京都渋谷区松濤の自宅に任意で立ち入る。(元記事

続きを読む "元社長宅立ち入りへ SFCG破産管財人 週内にも 資産流出防ぐ狙い" »


相次ぐ業者破綻 過払い金回収困難に 分配額ゼロも

2009年06月29日

河北新報社によると、

グレーゾーン金利撤廃で生じた「過払い金」を、借り手側が回収できないケースが増えつつある。(元記事

続きを読む "相次ぐ業者破綻 過払い金回収困難に 分配額ゼロも" »


「格付け引き下げ」 アイフルはどこにいくのか

2009年06月26日

J CASTニュースによると、

 消費者金融大手の一角であるアイフルの長期格付けを、米格付会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスやスタンダード&プアーズ(S&P)が相次いで、2段階引き下げた。(元記事

続きを読む "「格付け引き下げ」 アイフルはどこにいくのか" »


過払い金差し押さえで高裁勝訴 東京

2009年06月25日

産経新聞によると、

 三鷹市は24日、都内の消費者金融を相手取り、過払い金の支払いを求めた訴訟の判決で、東京高裁(富越和厚裁判官)が消費者金融に約60万円の支払いを命じたと発表した。(元記事

続きを読む "過払い金差し押さえで高裁勝訴 東京" »


改正貸金業法によって得をしたのは・・・?

2009年06月24日

ツカサネットによると、

貸金業者登録数が6000社を割り、3年前の半分の数字まで落ち込んだ。(元記事
 

続きを読む "改正貸金業法によって得をしたのは・・・?" »


【書評】『できた!わたしの「過払い金」回収日記』山本クルミ・著

2009年06月23日

フジ産経ビジネスによると、

約20年間にわたって消費者金融から借金し、返済してはまた借りるという借金地獄に苦しんでいた女性が、利息制限法の利率を超えて支払っていた過払い金を取り返し、500万円ほどあった借金を、半年で完済したという体験記だ。(元記事


続きを読む "【書評】『できた!わたしの「過払い金」回収日記』山本クルミ・著" »


多重債務の体験発表、なまはげの会 60人参加し総会

2009年06月22日

さきがけ on the webによると、

「秋田クレジット・サラ金・悪徳商法被害をなくす会」(会長・虻川高範弁護士、通称「秋田なまはげの会」)は20日、秋田市大町のサンパル秋田で年次総会を開いた。(元記事

続きを読む "多重債務の体験発表、なまはげの会 60人参加し総会" »


貸金業ライフ破産 負債14億円 過払い金返還で

2009年06月19日

沖縄タイムスによると、

民間調査会社の東京商工リサーチ沖縄支店によると、消費者金融のライフ(那覇市、迫幸治代表清算人)が10日、那覇地方裁判所に破産手続き開始を申し立て、即日決定されていたことが分かった。(元記事

続きを読む "貸金業ライフ破産 負債14億円 過払い金返還で" »


串間市:多重債務の未納税者救済 過払い金差し押さえ、金融会社に返金交渉 /宮崎

2009年06月18日

毎日新聞によると、

串間市は16日、税金滞納者が消費者金融への借金返済で過剰に支払った利息(過払い金)の請求権を差し押さえ、税滞納分を差し引いて住民に返還したと発表した。(元記事

続きを読む "串間市:多重債務の未納税者救済 過払い金差し押さえ、金融会社に返金交渉 /宮崎" »


独立系貸金 強まる逆風 武富士・アイフル 資金調達で苦戦

2009年06月17日

フジ産経ビジネスアイによると、

消費者金融など国内の貸金業者数が6000社を割り込み、この1年間で約3000社減少するなど「淘汰(とうた)の嵐」が吹き荒れている。(元記事

続きを読む "独立系貸金 強まる逆風 武富士・アイフル 資金調達で苦戦" »


ノンバンクは滅びるしかないのか

2009年06月16日

ツカサネット新聞によると、

貸金業をめぐる貸金業者と利用者を取り巻く環境は悪化の一途をたどっている。(元記事

続きを読む "ノンバンクは滅びるしかないのか" »


クレディア110番

2009年06月15日

民事再生を申し立てた消費者金融クレディアの事業を継承したフロックスが、再生計画で過払い金の全額もしくは一部を返還するとしているにも関わらず、返還しなかったり減額を要求するケースが見受けられるとして、被害の実態把握や被害者救済などのために、14日、県青年司法書士協議会が、無料の電話・面接相談会を開いた。(元記事

続きを読む "クレディア110番" »


SFCG破綻:13、14日に無料相談会開催 /東京

2009年06月12日

毎日新聞によると、
商工ローン大手のSFCG(旧商工ファンド、破産手続き中)が2月の民事再生法適用申請直前、日本振興銀行に債権譲渡したことに関連し、「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」は、借り主らを対象に電話による緊急の無料相談会を開く。(元記事

続きを読む "SFCG破綻:13、14日に無料相談会開催 /東京" »


日本振興銀:SFCG債権「高利のまま請求」 対策弁護団が改善要望

2009年06月11日

毎日新聞によると、
破産手続き中のSFCG(旧商工ファンド)から多くの債権を譲渡された日本振興銀行(東京都千代田区、木村剛会長)が、上限金利を超える「過払い利息」のまま債務者側に返済を迫るケースが起きているとして、「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」は10日、同行に改善を申し入れた。(元記事

続きを読む "日本振興銀:SFCG債権「高利のまま請求」 対策弁護団が改善要望" »


アイフル“信用急落”2段階格下げで「ガラクタ扱い」

2009年06月10日

zakzakによると、
格付けが2ランクダウンしたアイフル。かつてのCMのフレーズではないが、「ど~する~、アイフル」といった感じだ(クリックで拡大)(元記事

 

続きを読む "アイフル“信用急落”2段階格下げで「ガラクタ扱い」" »


過払い金の返還請求が激増!?“必死”の消費者金融

2009年06月09日

zakzakによると、
消費者金融業界が、来年6月までに導入される「総量規制」を前に厳しい対応を迫られている。これは、消費者金融やクレジットカード会社などからの融資額の総額を借り手の年収の3分の1以下に抑えるというもの。(元記事

続きを読む "過払い金の返還請求が激増!?“必死”の消費者金融" »


クローズアップ2009:SFCG破産手続き 強引商法、暴かれる闇

2009年06月08日

毎日新聞によると、
負債総額約3380億円を抱えて経営破綻(はたん)した商工ローン大手「SFCG」(旧商工ファンド)の破産手続きが始まって1カ月余。(元記事

続きを読む "クローズアップ2009:SFCG破産手続き 強引商法、暴かれる闇" »


独自開発の「過払い金返還訴訟管理システム」を使用して和解総額約1億669万円

2009年06月05日

共同通信PRワイヤーによると、
弁護士法人アディーレ法律事務所(東京都豊島区、代表弁護士:石丸幸人)は、2008年7月25日に株式会社武富士(東京都新宿区、代表取締役兼社長執行役員:清川昭氏)に対し、東京地裁において原告50名、訴額1億2,738万4,055円の集団訴訟を提起いたしました。(元記事

続きを読む "独自開発の「過払い金返還訴訟管理システム」を使用して和解総額約1億669万円" »


武富士:債権証券化や社債発行で1000億円調達-手元流動性を確保(3)

2009年06月04日

ブルームバーグによると、
6月3日(ブルームバーグ):消費者金融大手武富士は今年度内に 営業貸付債権の証券化や社債発行などにより、最大1000億円程度の資金 を調達したい考えを明らかにした。(元記事

続きを読む "武富士:債権証券化や社債発行で1000億円調達-手元流動性を確保(3)" »


弁護士法違反:無資格で法律事務 3被告に有罪判決--地裁 /長崎

2009年06月03日

毎日新聞によると、
弁護士などの資格がないのに、報酬を得る目的で法律事務をしたとして弁護士法違反の罪に問われた、「ヒロ企画」元代表、長崎市丸山町、中島正弘(35)ら3被告に長崎地裁(内藤恵美子裁判官)はこのほど、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。(元記事

続きを読む "弁護士法違反:無資格で法律事務 3被告に有罪判決--地裁 /長崎" »


富士ハウス破産:賠償訴訟 元社長側争う構え 弁護団、第2次提訴検討 /静岡

2009年06月02日

毎日新聞によると、
住宅メーカー「富士ハウス」(浜松市中区)が破綻(はたん)したのは経営上の注意義務を怠ったためだとして、住宅の建築契約を結んでいた施主71人が、川尻増夫元社長ら旧経営陣3人を相手取り、約3億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、静岡地裁(川口代志子裁判長)であった。(元記事

続きを読む "富士ハウス破産:賠償訴訟 元社長側争う構え 弁護団、第2次提訴検討 /静岡" »


米シティがリストラ 日本の消費者金融から撤退?

2009年06月01日

J-CASTによると、
サブプライム問題の影響でリストラを余儀なくされている米国のシティグループが、日本で展開している消費者金融から撤退もしくは事業の大幅縮小を模索している。シティにとって消費者金融は、銀行、証券とともに個人向け金融部門の3つめの柱。買収による拡大路線を走ってきたが、一転した。(元記事

続きを読む "米シティがリストラ 日本の消費者金融から撤退?" »


返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結