債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業法違反容疑:質屋装い貸し付け 2人逮捕 /栃木

貸金業法違反容疑:質屋装い貸し付け 2人逮捕 /栃木

報道によると、 質屋を装い高金利で現金を貸し付けたとして県警生活環境課などは1日、「えびす質店」=宇都宮市駅前通り3=元経営者の横浜市港南区上永谷2、無職、石井善久容疑者(43)と従業員の男(29)を貸金業法違反容疑などで逮捕した。

容疑は2012年9月〜13年3月ごろ、県内に住む60〜70代の男女6人に、知事の登録を受けないまま財産的価値のない物品を担保に金を貸し付け、貸金業を営んでいた、としている。容疑を認めているという。

 同課によると、2人は6人に合計で約68万円を、出資法が定める年利20%を超えて貸し付け、約13万円の利息を得ていた。また被害者の中には年金受給者もおり、年金受給口座からの引き落としもしていたという。今年1月以降、利用者からの相談などがあり事件が発覚した。被害者は約170人、貸付総額は5300万円に上るとみられ、同課が調べを進めている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「気楽に借金VSシビアに貯金、どっちが幸せ?」です。

次のニュースは「多重債務相談は減ったが… 貧困問題 根深く」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結