債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 国保税課税319件ミス、データ更正怠る

国保税課税319件ミス、データ更正怠る

報道によると、 鳥取県境港市は12日、2012、13年度の国民健康保険税で、計319件92万7200円分の課税ミスがあったと発表した。

68件で計40万7200円少なく、251件で計52万円多く徴収。過払いの市民には差額を返す。


 市によると、担当者が課税額算出の根拠となるデータの更正を怠ったり、誤って違う年度のデータを使ったりしたという。8月の更正作業をチェックした上司が気付いて点検。今年度で316件、昨年度は3件のミスが発覚したという。

 市は「チェック態勢を整えて再発防止に努める」とし、13日からミスのあった全戸を訪問して謝罪、説明するとしている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「死亡した親の借金を子供が肩代わりする必要 法律的にはナシ」です。

次のニュースは「三井住友、消費者金融事業で重慶に拠点」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結