債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業法違反の疑いで40歳の男を逮捕 名張署

貸金業法違反の疑いで40歳の男を逮捕 名張署

報道によると、名張署は8月16日、伊賀市平野東町の暴力団幹部、極並秀佳容疑者(40)を貸金業法違反(無登録営業)の疑いで逮捕したと発表した。容疑を否認しているという。

 

発表によると、極並容疑者は2010年10月ごろから13年2月ごろまでの間、同市内などで、無登録で金銭の貸し付けを行った疑い。

 名張署によると、市内外の男女5、6人に貸し付け、利息を受け取っていたという。今年5月に、別の傷害容疑で逮捕した際に、極並容疑者の自宅から貸金業を営んでいるとみられる資料が見つかっていたという。

 この事件は、同署と伊賀署の合同で捜査を進めている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「ファンド販売会社の登録取り消し 虚偽事業で集金、不正貸し付け 関東財務局」です。

次のニュースは「懲戒処分:賃金225万円過払い 就業時間改ざん、職員処分」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結