債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 無登録貸金業者に資金で処分

無登録貸金業者に資金で処分

報道によると、 ファンドへの出資を名目に3500人からおよそ100億円を集めた東京の業者が、無登録で貸金業を営む関連会社に資金を提供していたとして、金融庁から、金融商品取引業の登録を取り消す処分を受けました。

登録取り消しの処分を受けたのは、東京・渋谷区の「ウィズアセットマネジメント」です。
金融庁によりますと、この業者は、ファンドへの出資を名目に3500人の投資家からおよそ100億円の資金を集めていました。
しかし実際には、集めた資金を無登録で貸金業を営む関連会社に提供していたことが分かったということです。
金融庁は、この業者が、関連会社の貸付金を集めるためにファンドへの投資の形を利用していたとみて、金融商品取引法に基づき、この業者の金融商品取引業の登録を取り消しました。
そのうえで、この業者は、資金の貸付先を把握できていないなど管理体制もずさんだったとして、金融庁は、早急に貸し付けの状況を調べ、投資家への返還を検討するよう命じました。
処分を受けた「ウィズアセットマネジメント」は、「今後の対応については弁護士と協議して決めたい。顧客には誠実に対応していきたい」と話しています。

タグ:


ひとつ前のニュースは「ヤミ金の客紹介でトラブル、傷害容疑など元組員ら逮捕 警視庁」です。

次のニュースは「ファンド販売会社の登録取り消し 虚偽事業で集金、不正貸し付け 関東財務局」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結