債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 認定司法書士 増えた半面、目立つ「過払い」限定

認定司法書士 増えた半面、目立つ「過払い」限定

報道によると、司法書士が民事訴訟の代理権を得て、簡易裁判所の法廷に立つようになって7月で丸10年。金融業者への過払いが社会問題化した時期と重なり、県内でも多くの司法書士が解決に尽力した。ただ、「過払い以外の民事事件を扱う司法書士は少ない」(県司法書士会)のが実情で、幅広い民事事件への対応力の強化が課題になっている。
 

静岡地裁によると、県内の簡裁で、司法書士が原告、被告いずれかの代理人になった訴訟は、制度が始まった2004年度は1007件。年々増加し、ピークの10年度は4075件と当初の4倍に達した。
 県司法書士会によると、法廷に立つことができる県内の「認定司法書士」は5月末現在、296人。04年度の51人に比べて6倍近くになった。県内の司法書士469人の半数以上に上る。
 同会の担当者は「過払い問題の依頼が増加し、認定司法書士を目指す会員も増えた」と説明する。ただ、過払い問題は下火になりつつある。04年度当初から簡裁代理を担ってきた沼津市の赤松茂司法書士は「賃金問題や離婚調停、損害賠償など、幅広い案件に対応する訴訟スキルを磨く必要がある」と話す。
 飽和状態とも言われる弁護士との競合も予想される。静岡市葵区の家本誠弁護士は「簡裁訴訟に関わりを強める弁護士は増えると思う」と推測する。
 静岡地裁がまとめたデータによると、県内では、司法書士が原告の代理人に付く事例は多いが、被告の代理人は弁護士に比べて少ない。12年度、被告の代理人は弁護士の730件に対し、司法書士は107件。赤松司法書士は「司法書士の認知度や信頼度を上げていかなければならない」と決意を新たにする。

タグ:


ひとつ前のニュースは「貸金業法違反の疑い、福岡の会社役員逮捕/高松南署など」です。

次のニュースは「アコム、アイフル株価上昇?消費者金融破綻・整理の最終章」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結