債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 高崎の貸金業法違反:損賠訴訟 だるま質店被告側、出廷せず即日結審−−前橋地裁 /群馬

高崎の貸金業法違反:損賠訴訟 だるま質店被告側、出廷せず即日結審−−前橋地裁 /群馬

報道によると、質屋を装い高金利で現金を貸し付けていた高崎市の「だるま質店」の違法営業で損害を受けたとして、同市の男性利用者が、同店と経営者の岡崎光正被告=貸金業法違反罪などで起訴=ら2人を相手取り、約294万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が3日、前橋地裁(原道子裁判官)であった。

被告側は出廷せず、答弁書の提出もなかったため、即日結審した。判決は17日に言い渡される予定。

 訴状によると、男性は2012年10月末までに同店から少なくとも計約194万円を借り、約267万円を返済。計算上の利率は年利換算で139〜1464%になり「悪質な暴利行為で、返済額全額が損害になる」などと主張している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「12年度貸金相談が29・1%減」です。

次のニュースは「ヤミ金運営で数億円利益か=元業者の男4人逮捕-警視庁など」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結