債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 12年度貸金相談が29・1%減

12年度貸金相談が29・1%減

報道によると、 中国財務局は、2012年度の金融機関に関する同局への相談状況をまとめた。貸金についての相談が大幅に減り、全体の件数は1067件と前年度より21・8%減った。

 

消費者金融など貸金の相談は302件で29・1%減。多重債務など債務の整理が26・5%減、業者の登録確認も29・0%減った。

 銀行や信用金庫など預金を扱う金融機関に関する相談は490件で4・9%減。全体的に減ったが、中小企業金融円滑化法の終了に向け、返済の金額や期限など条件変更についての件数は増えた。

 保険は131件で38・2%、証券会社など金融商品取引業は101件で40・9%、それぞれ減った。

タグ:


ひとつ前のニュースは「なぜなってしまう 「ギャンブル依存症」」です。

次のニュースは「ヤミ金営業:情報提供の44歳会社員、罰金30万円の略式命令 /神奈川」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結