債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業法違反容疑の元袖ケ浦市議を不起訴 横浜地検

貸金業法違反容疑の元袖ケ浦市議を不起訴 横浜地検

報道によると、 無登録の「ヤミ金融」を営んだとして、貸金業法違反容疑で千葉県袖ケ浦市の元市議、木村修平容疑者(45)らが逮捕された事件で、横浜地検は木村容疑者を不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。

木村容疑者は、債務者が口座に振り込んだ返済金を他人名義のキャッシュカードで引き出したとして窃盗容疑で再逮捕されており、地検は窃盗罪で起訴した。いずれの処分も25日付。

タグ:


ひとつ前のニュースは「住宅ローン融資金だまし取った疑い、住職ら4人逮捕」です。

次のニュースは「パイプドビッツ:住信SBIネット銀行が提供する「総合振込サービス」の「パイプドビッツ特別優待プラン」を6月25日より開始」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結