債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業法違反などの容疑で会社経営者ら再逮捕 大阪

貸金業法違反などの容疑で会社経営者ら再逮捕 大阪

報道によると、 高級車を担保にヤミ金を営んでいた自動車販売会社の経営者らが逮捕された事件で、府警生活経済課は6日、不動産会社などにも超高金利で金を貸し付けたとして、貸金業法違反と出資法違反の容疑で、京都市伏見区の自動車販売会社「プロス」経営、山田幸治被告(45)=起訴済み=と、大阪市西区西本町の自動車販売業、小林英紀被告(39)=同=ら3人を再逮捕したと発表した。

 

逮捕容疑は平成23年10月~25年2月、貸金業の登録がないのに、大阪市の不動産会社と神戸市の食品加工会社に、ベンツや約束手形を担保に計1870万円を貸し付け、法定金利の最大約16倍の利息を受け取ったとしている。山田、小林両容疑者は容疑を認め、残る1人は否認している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「貸金業法違反などの容疑で会社経営者ら再逮捕 大阪」です。

次のニュースは「消費者金融店舗で契約可能に 三井住友銀カードローン」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結