債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > サリーメイ、教育ローン運用と消費者金融の2社に分割へ

サリーメイ、教育ローン運用と消費者金融の2社に分割へ

報道によると、 学生向け融資最大手の米SLM SLM +2.39% (通称サリーメイ)は29日、自社を2分割する計画を明らかにし、ジョン・レドモンディ最高執行責任者(COO)を最高経営責任者(CEO)に指名した。レドモンディ氏はただちにCEOに就任する。

 

SLMは教育ローン運用事業と消費者金融事業に分割される予定。現CEOのアルバート・ロード氏は退職計画を前倒ししている。

 SLMのアンソニー・テラッチアーノ会長は「ジャック(レドモンディ氏)は、アル(ロード氏)が残した成功の遺産を土台にし、次の戦略的変革を通じて当社を指揮する人物だと取締役会は判断した」と述べた。「ジャックは当社の中核の金融・業務上の能力について深い知識をもたらし、取締役会と私自身はジャックが、現在経営する数々の事業から市場を主導する2つの会社を構築することで、既存フランチャイズからさらに価値を引き出すという重要な任務を達成すると確信している」と続けた。

 ロード氏は「会社分割は次の必然的一歩だ」と述べた。

関連記事

2013年に大学を卒業する皆さん、君たちはだまされていた


 米国政府が2010年、サリーメイのような機関に政府保証学生ローンを組成させるプログラムを打ち切ったことで、SLMは民間ローン組成注力に向け事業を再編成した。同社はFFELP(政府保証民間ローン)と呼ばれるローンの収入とキャッシュフローを保証する政府保証融資の大規模な製品群を引き続き保有する。

 教育ローン運用事業はサリーメイ資産の95%を保有する。主要資産は、FFELPの1181億ドル、民間教育ローンの316億ドル、それ以外に利子を生む資産79億ドルのほか、政府教育ローン顧客約1000万人にローンを組成する教育ローンサービスのプラットフォームから成る公算が大きい。

 レドモンディ氏は11年から社長兼COOを務めてきた。それ以前は副会長兼最高財務責任者(CFO)だった。同氏は教育ローン管理会社のCEOを務める。

 消費者金融事業の資産は、主に民間教育ローンとこれに関連する組成・サービスプラットフォームから成る全資産のうち約99億ドルのほか、現金その他の投資、およびサリーメイの「ユープロミス」報酬プログラムを含むことになりそうだ。

 SLMのバンキング・ファイナンス担当執行副社長のジョセフ・デポーロ氏は、こうした資産を管理する新会社のCEOに就任する。デポーロ氏は09年に執行副社長兼最高マーケティング責任者としてSLMに加わった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「「偽装質屋」経営者ら逮捕へ、貸金業法違反疑い 」です。

次のニュースは「質屋がヤミ金容疑、年金受給者に 群馬」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結