債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 「偽装質屋」ヤミ金摘発 年金担保に貸し付け 群馬

「偽装質屋」ヤミ金摘発 年金担保に貸し付け 群馬

報道によると、無登録で貸金業を営んだとして県警生活環境課などは22日、貸金業法違反の疑いで、高崎市八島町の「だるま質店」経営、岡崎光正容疑者(60)=前橋市古市町=と、従業員の金井栄志容疑者(42)を逮捕した。

金井容疑者は容疑を認め、岡崎容疑者は否認している。「偽装質屋」のヤミ金業摘発は県内初。

 同課によると、2人は平成24年1月5日から25年3月28日にかけて、知事の登録を受けずに県内在住の60~70代の男女3人に同店舗で計21回、現金約198万円を貸し付けた疑い。

 岡崎容疑者らは年金受給者の高齢者3人に、金融機関の通帳を持参させて支給額を担保に貸し付け、口座に振り込まれた年金から自動引き落としで返済させていた。同店舗の顧客数は今回の被害者3人を含む約300人で、貸付金額は約1億8千万円に上る。

 出資法が定める年20%の上限を超える金利を取っていた可能性もあることから、同課は出資法違反容疑(高金利、超高金利)での立件も視野に調べる。

タグ:


ひとつ前のニュースは「東京都、貸金業対策の実績を発表--苦情・相談は「ヤミ金融」関連が半数超」です。

次のニュースは「貸金業法違反:4人を逮捕 150人に10億円 大阪府警」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結