債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > プリウスで県が課税ミス 自動車税 過払い分返還へ

プリウスで県が課税ミス 自動車税 過払い分返還へ

報道によると、県は十三日、ハイブリッド車の自動車税で、高く課税する誤りが二百六件あったと発表した。

 

県税務課によると、対象車種は一九九七~九九年度に新車登録されたトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」の一部。環境負荷の少ないハイブリッド車は登録から十三年経過しても税額は据え置かれるが、一二年度と一三年度で二百六台に三千四百円高くなる税額で納税通知書を発行した。電算システム改修時の登録漏れが原因という。

 納税者からの問い合わせで分かった。県は既に納められた過払い分を返還する。

タグ:


ひとつ前のニュースは「ヤミ金などの犯罪に悪用されたレンタル携帯電話、ドコモが98%」です。

次のニュースは「法定金利の約182倍の利息で貸し付け ヤミ金業者の男ら4人逮捕」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結