債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > ヤミ金などの犯罪に悪用されたレンタル携帯電話、ドコモが98%

ヤミ金などの犯罪に悪用されたレンタル携帯電話、ドコモが98%

報道によると、ヤミ金などの犯罪に悪用されたレンタル携帯電話のうち、「ドコモ」の回線が98%にのぼることが警察庁の調査でわかった。

警察が複数の携帯電話を契約する際、ドコモが他社に比べて、契約できる台数に制限を設けていないことが原因とみられている。
また、2012年の調査では、レンタル携帯電話の貸し出しの際、本人確認のための免許証が偽造されるなどの例が多かったことなどから、警察庁では、携帯電話事業者とレンタル台数の制限など、審査の厳格化に向けて協議するとしている。察庁によると、2013年1月から3月までに、ヤミ金などの犯罪に悪用されたため、警察が解約要請をしたレンタル携帯電話およそ600台のうち、98%がドコモの携帯電話だったことがわかった。
法人

タグ:


ひとつ前のニュースは「ヤミ金:無登録で貸金業容疑、千葉・袖ケ浦市議ら逮捕」です。

次のニュースは「プリウスで県が課税ミス 自動車税 過払い分返還へ」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結