債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 東京都の「多重債務110番」、借金の平均は481万円--"ヤミ金"に関する相談も

東京都の「多重債務110番」、借金の平均は481万円--"ヤミ金"に関する相談も

報道によると、 東京都は10日、3月4日・5日に都および都内22区25市1町にて実施した特別相談「多重債務110番」の結果を発表した。

同相談会は、東京三弁護士会、東京司法書士会、日本司法支援センター(以下、法テラス)などの法律専門相談窓口と連携して行われたもの。

期間中の相談件数は全体で293件。内訳は、東京都消費生活総合センターに寄せられた相談件数が115件、区市町村の消費生活センターが48件、東京三弁護士会、東京司法書士会、法テラスおよび協力実施団体が130件となった。

全ての相談件数のうち、東京都消費生活総合センターに寄せられた115件の相談内容を分析したところ、相談者の平均年齢は49.7歳、最年長は87歳(男性)、最年少は25歳(男性)となった。相談者が最も多かった年代は40歳代で28%。以下、50歳代が21%、60歳代が20%、30歳代が12%、70歳以上が10%、20歳代が7%と続いた。

借入先数(同じ会社から複数の借入がある場合は1社としてカウント)については、4社から借り入れている人が最多で22件。次いで、1社が18件、3社と6社が同数の16件、2社と5社が同数の14件、7社が4件、9社が1件となった。最大借入先数は10社で1件だった。

債務状況を調べたところ、1人当たりの平均債務額は481万円で、前回(2012年9月)の645万円から164万円減少。債務額別に見ると、「100万円以上~300万円未満」が最も多く38%。以下、「300万円~500万円未満」が20%、「100万円未満」が18%、「1,000万円以上」が12%、「500万円~1,000万円未満」が5%と続いた。最高債務額は4,470万円だった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「再倒産企業に関する調査結果、2012年度は3年ぶりに増加…帝国データバンク」です。

次のニュースは「「偽装質屋」通いが止められない年金高齢者!超高金利96%でも「助かってる」」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結