債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 医療助成金18万円 三重・名張市が過払い

医療助成金18万円 三重・名張市が過払い

報道によると、 名張市は28日、心身障害者の医療費助成制度で、8人に18万2372円を過払いしていたと発表した。

電算システムを昨年9月に改修した際、誤入力したりチェックを怠ったのが原因で、過払い分は返還を受けたり、1月からの支給分から順次差し引くなどして返還を求めている。

 市によると、誕生日を過ぎて助成対象でなくなった2人に5万920円を支給し、半額支給対象者に全額支給した過払い分が6人で13万1452円あった。後期高齢者医療制度の対象者を1月30日にチェックした際にミスを発見。委託先の電算システム会社と再チェックし誤算が確定した。

 心身障害者助成制度は、障害者手帳所持者など要件を満たす医療機関への受診者を対象に、保険診療医療費の自己負担額の全額または半額を助成。病院などの領収書と本人の請求に基づき患者の口座に振り込まれる。

タグ:


ひとつ前のニュースは「三井住友FGの「プロミス」中国で出店加速-70支店構築へ」です。

次のニュースは「モラトリアム法終了で、倒産は急増するか 苦境続く中小企業 金融円滑化法の功罪」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結