債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 1億以下融資延滞者33万人の借金の半分を帳消しへ

1億以下融資延滞者33万人の借金の半分を帳消しへ

報道によると、 1億ウォン以下の信用融資を6ヵ月以上返済できなかった延滞者約32万6000人が、借金の最高50%(基礎受給者は70%)を、国民幸福基金を持って帳消しされる。

学資金の融資を6ヵ月以上延滞した人も、国民幸福基金から支援を受ける。


金融委員会は25日、教育部、安全行政部、雇用労働部、中小企業庁と共に、このような内容を柱とする国民幸福基金の推進案について発表した。国民幸福基金は今月29日に公式に発足する。


国民幸福基金の債務調整の対象は、2月末現在、6ヵ月以上1億ウォン以下の借金を返済できずにいる人だ。国民幸福基金と債務調整協約に加入した、計3894の金融会社や消費者金融に債務のある人が該当する。


金融委は、これらの会社に借金を延滞した134万人中、約21万2000人が債務調整に応じるものと見ている。また、「希望モア(集め)」など、従来のバッドバンク(不良債権の買い付け会社)が管理する延滞債務者211万人中11万4000人も、幸福基金で吸収し、計32万6000人が債務調整の支援を受けるものと見られる。


債務調整の申請は、4月22日から10月31日まで、資産管理公社(キャムコ)、信用回復委員会(信復委)、庶民金融総合支援センターで受け付ける。


一般金融会社から大学生が借りた学資金や生活資金も、同じ要件に該当すれば、国民幸福基金の債務調整支援を受けられる。


一方、年間20%以上の高金利を払ってきた融資者のうち6万人が、追加で4000万ウォンの限度内で10%台の低金利融資に乗り換えることができる。年間所得が4000万ウォン以下(零細自営業者は4500万ウォン以下)であり、先月末まで6ヵ月以上元利金を着実に返済してきた人が対象になる。申請期間は4月1日から9月30日まで。

タグ:


ひとつ前のニュースは「あると困る借金、ないと困る借金」です。

次のニュースは「自分の借金…配偶者やパートナーにはナイショ!」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結