債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業法違反・出資法違反:法定上限超える年利75%で融資 容疑の会社役員逮捕 /岐阜

貸金業法違反・出資法違反:法定上限超える年利75%で融資 容疑の会社役員逮捕 /岐阜

報道によると、 岐阜地検は13日、美濃加茂市牧野、不動産賃貸会社役員、金村正三容疑者(69)を貸金業法違反と出資法違反の疑いで再逮捕し、所得税法違反で起訴した。

 

再逮捕容疑は、07年7月〜09年7月、無登録で貸金業を営み、11回にわたり3社と1人に対し、銀行口座に振り込むなどして計7億3250万円を貸し付けたとしている。また、出資法が定める上限金利を超える年利約75%で解体業者役員に融資し、08年4月〜10年8月に56回にわたり計2478万円の利息を受け取ったとされる。いずれも容疑を認めているという。

 また起訴状によると、金村被告は07〜10年にかけての利息収入や不動産の賃料収入など約9000万円を申告せず、所得税約3353万円を免れたとしている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「息を吹き返す消費者金融…本格化する中国進出、国内需要拡大の舞台裏」です。

次のニュースは「宮脇ケンちゃん悲惨な「お払い箱人生」仕事ゼロで借金2億円 …ついに地上げ屋転落」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結