債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 開業医、年収1億円と借金地獄の分かれ道 開業医の年収は勤務医の1.7倍!でも…

開業医、年収1億円と借金地獄の分かれ道 開業医の年収は勤務医の1.7倍!でも…

報道によると、  弁護士、会計士など、世間一般で「ゴールドライセンス」と呼ばれる資格の中でもピカイチの人気を誇るのが、「医師免許」だ。

とはいえ、彼らのキャリアパスはあまり知られていない。

結婚、出世や転職、果ては、懐事情はどうなっているのか、一般のビジネスパーソンから見ても、彼らがどのようにキャリアを積んでいるのかは気になるところだ。この連載では医師専任のキャリアコンサルタントとして、300人以上の医師のキャリア設計に携わってきた中村正志氏が、医師たちの世間のイメージとは一風異なる内情をつづる。

前回のコラムでは、主に勤務医について金持ちか貧乏かというお話をしてきましたが、今回は“開業医”にスポットを当てて、その懐事情を検証していきたいと思います。

一般的に世間においては、勤務医よりも開業医のほうがおカネをたくさん持っているというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?
■開業医の収入は病院勤務医の1.7倍

実際、診療報酬(病院や診療所などの医療機関が行った手術や検査、薬などの保険医療サービスに対する公定価格)が2年に1回更新されますが、その際に必ず議論されるのが、開業医と勤務医の処遇の違いです。

厚生労働省の調査によると、病院勤務医の平均年収は1479万円であったのに対し、開業医の平均年収は2500万円ほどで(平成21年度「医療経済実態調査」より)、開業医は病院勤務医の1.7倍の収入があるということで、やはり開業医のほうが稼げるという結論になるようです。


ただ、勤務医の給与と開業医の給与を比較すること自体、意味があるのかという議論もあります。

勤務医の給与については、額面の給与と手取りの給与ということである程度比較することができますが、開業医の場合は経営者になるわけですから、その責任やリスクは勤務医に比べてはるかに高くなります。また、勤務時間も勤務医の場合は(一応)就業規則で決まっていますが、開業医の場合は不規則で、患者が来る時間に合わせなければいけません。それに開業したての頃は十分なスタッフがおらず、自分で何から何まで処理することになります。

ですから、「開業医になりさえすれば楽に稼げる」というのは、正しくありません。
■それでも開業医はおいしい?

では、実際、開業医はおいしいか、おいしくないか?

私は「基本的にはおいしい」と答えます。

ただこれは、「一般の経営者と比較して」という前提です。私も現在の会社では経営陣の一人として働いていますが、毎月の売り上げを確保するのは本当に大変です。つねに新しいことを企画し、それを実行し、マネジメントもきちんと行わないと顧客の獲得は難しい。ですが、医師の開業については都市部の人気エリアを除いて、競争が激化していないということもあり、きちんとした経営を行えば、患者を集めるのにそれほど苦労はしません。

医療サービスは高成長分野です。対象とする顧客はすべての国民と考えることができます。さらに、今後は、高齢化に伴って患者のニーズは増加の一方です。それゆえ、弊社でも開業支援サービスを行っていますが、よほど地域ニーズに反しないかぎり、開業で失敗するというケースは多くありません。

しかしながらそういった環境下でも、「この医師は危ない!」という方に出会うことがあります。
■開業医に合う人、合わない人

医師というのは基本的に、経営的なことやその数字に対して苦手意識があるようです。医学部のカリキュラムを見ても基礎および臨床医学の勉強が中心で、経営や商学を学ぶ機会はありませんし、また医学部時代は、アルバイトも家庭教師などが多い。つまり、実際のビジネスを体験する場をあまり持たないのです。
ただ開業となると、当然、商売的な要素のほうが多く絡んできます。それゆえいくら腕がよく、学術的に優秀でも、経営はまったくできない医師が生まれてしまうことがあります。

そのあたりをよくわかったうえで開業する医師はよいのですが、以下のような医師は開業しても苦戦をしいられることになります。

マネジメント感覚がない医師

勤務医時代は医師としての決められた仕事をこなしていればよいのですが、自分で開業すると医院の設計や資金計画作成、融資交渉、税金対策、はたまた職員の採用や教育業務まで、今まで経験していないマネジメント業務がどっと押し寄せます。自分で開業して院長となれば、とにかくやることがいっぱいある。このあたりの理解が乏しいと、クリニックの適正な運営に苦しむことになります。

コミュニケーション能力が低い医師

これは、医師が患者を診るに当たって当然必要な能力ですが、大病院ではそのネームバリューでどんどん患者がやってくるため、患者とのコミュニケーションスキルが少々低くてもそれなりにやっていけます。しかし独立開業となると、その先生のちょっとした言動や患者に対する態度の善しあしで患者数が大きく変動します。いわば真のコミュニケーション力があらためて問われることになります

開業してからのビジョンがない医師

読者の方は「そんな先生いるの?」と思われるかもしれませんが、勤務医としてかなり忙しい生活を送っている医師の中には、開業医のほうが楽だからという理由で独立する方もいます。当然、開業後のビジョンがないと、自分がどうしたらよいかもわからなくなり、経営はうまくいきません。

独りよがりで融通が利かない医師

これは大きな病院で管理職を経験した医師に多いのですが、あくまで自分の意見にこだわり、それをスタッフや患者に押し付けたりするのです。たとえば自分の専門分野以外の患者もほかの医療機関を勧めるのではなく、自分ですべて診てしまう。また患者への対応が標準化がされていないため、医師の決定で、スタッフが右往左往してしまう。

開業医は基本的にその医院の責任者であり、すべての決裁権を持っていますが、たとえば看護師も経験やプライドがあるわけで、無理に押し通そうとすると職員はそのクリニックを去り、また患者も寄り付かなくなってしまいます。

地域の患者ニーズを理解していない医師

医院の成功は、医師の腕もさることながら、どこで開業するかが、極めて重要です。いくら外科手術の腕がよくても、開業地での患者ニーズがつかめないと、その腕はまったく必要ないということになります。開業医の専門性とその地域の患者ニーズを正確にとらえることは必須です。
■開業して3年で巨額の負債、失敗した開業医

われわれがA医師(40歳代前半・男性)から相談を受けたのは、開業する3年前のこと。地方の病院の勤務医として働いていましたが、その病院自体が医師不足ということもあり勤務がきつく、また自分が専門とする診療において力を発揮できる環境ではないということから、独立することになりました。

初めての開業でしかも自己資金がないということで、リスクが比較的低い賃貸物件を勧めましたが、その物件ではやりたいことができないとの判断で相談は一旦終了。その後、自分で開業コンサルタントを見つけ、戸建て物件で、開業をしたという連絡を受けました。話を聞いてみると、土地はかなりの広さで、建物もかなりゆったりとした造り。またコンサルタントや、医療機器メーカー担当者の勧めで設備や検査機械に大きく投資。はては患者のためのイベントスペースまで確保し、田舎で交通量もまばらな農地に2億円をかけ、巨大なクリニックを建てたのです。

読者の皆様はお気づきとは思いますが、A医師はマネジメントに対してはまったくの無頓着。患者さんとのコミュニケーションこそある程度できますが、看護師や受付スタッフとの関係も悪く、経営的なビジョンもあいまいでした。当然、患者数は増えず、スタッフの定着率も悪い中、あれよあれよという間に負債が膨らみ、銀行からも融資が打ち切られる事態になったのです。

もう歴然とした“貧乏”開業医です!

その後弊社がコンサルティングに入り、なんとか廃業の危機は乗り越えましたが、A医師の多大な借金返済は今後も続きそうです。
■年収1億円ドクターの診療とは?

一方、私の知り合いで、年収1億は下らないという医師がいます。

前述のとおり、開業医の平均年収は2500万円ほど。年収1億というと平均的な開業医の稼ぎの約4倍ということになります。なぜこれほどまでに差がつくのでしょうか?

医師の技術や経験も当然ありますが、診療分野をあるものに絞っているからです。それは「自由診療分野」での開業です。

通常、皆さんが病院や医院で診てもらう場合、保険証を窓口で提出します。それを提出することで、負担が2割とか3割とかになるわけですが、全額患者負担となるのが自由診療です。たとえば美容外科、アンチエイジング、レーシック、不妊治療などです。

保険診療というのは、過当競争を避ける意味でいろいろな制約がありますが、自由診療はそのサービス内容や価格が自由に決められます。また広告も自由に行えるのでマーケティングを積極的に行うことで、どんどん患者を集めることができるのです。

年収1億は下らないという先生は、それこそ広告という広告に顔を出し、雑誌の取材などにも積極的に応じています。また、患者には積極的に治療というサービスを宣伝し、患者集めにいそしみます。つまり医師という価値を最大限引き出し、自分で顧客を取ることで多くの収入を得ているのです。
■保険診療を辞めればフェラーリに乗れる?

以前、ある先生を紹介した美容外科の面接で、院長から

「先生、フェラーリに乗りたかったら、ここで働くと簡単に買えるよ。ただ保険診療へのこだわりは捨てないといけないね」

とおっしゃいました。つまり患者の病気を治すという意識だけでは自由診療で稼ぐのは難しく、患者のことを思いながらも、いかに自分自身や診療技術を高く売っていくかということが問われ、そういうことができる先生のみが開業してガンガン稼ぐことができるのです。

では、保険診療で大きく稼ぐことはできないか?

自由診療レベルではないですが、通常の保険診療においても、3000万~5000万円くらいの年収を稼いでいる開業医はたくさんいます。

そういった医師は、どのようにしてそれだけの年収を稼げるようになったか?

自分の診療科が地域の患者ニーズと合っており、経営者として当たり前のことを当たり前に行っていれば、開業して5年から10年もすれば稼げるようになります。クリニックの開業をするには医師であることが必要。そのメリットを最大限生かしつつ、商売という側面でのアプローチも忘れない。そのような開業医であれば、金持ちドクターに十分なれると思います。

次回は、今年の新卒大学生の就職活動が本格化してきたこともあり、知られざる「医師の就職活動事情」にフォーカスします。

タグ:


ひとつ前のニュースは「実家が3億借金!ジューシーズ児玉が仰天告白「何としても売れたい」」です。

次のニュースは「大阪市の特別支援学級支援制度、945万円過払い」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結