債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > ヤミ金にキャッシュカード譲渡 振り込め詐欺に悪用か 容疑で32歳会社員逮捕 松戸

ヤミ金にキャッシュカード譲渡 振り込め詐欺に悪用か 容疑で32歳会社員逮捕 松戸

報道によると、 キャッシュカードを闇金融業者に譲り渡したとして、千葉県警松戸署は7日、犯罪収益移転防止法違反容疑で、松戸市上本郷、会社員、上田明久容疑者(32)を逮捕した。

同署は、キャッシュカードの口座が振り込め詐欺などに使われた可能性があるとみている。

 逮捕容疑は1月中旬、自己名義の金融機関のキャッシュカード1枚と暗証番号を提供したとしている。

 同署によると、24日に上田容疑者から「キャッシュカードが振り込め詐欺に利用されたのではないか」と通報があった。上田容疑者は、キャッシュカードについて「ヤミ金業者からほしいといわれ譲った」と話しているという。

タグ:


ひとつ前のニュースは「過払い金損害賠償 仙台で口頭弁論 武富士、請求棄却求める」です。

次のニュースは「年利96%以上も…「偽装質屋」、違法に貸金業」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結