債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 島津製作所が急反落、防衛省に対する過大請求が判明

島津製作所が急反落、防衛省に対する過大請求が判明

報道によると、25日、島津 <7701> が防衛省に対する費用の過大計上が判明し、過払い金の納入、再発防止策が報告されるまで、防衛省からの指名停止の措置をとるとの通知を受けたと発表したことが嫌気された。

 28日付の日経産業新聞によると「防衛省によると、問題が発覚したのは、2011年度に契約した戦闘機や練習機のコックピットにあるディスプレーの修理。契約額は合わせて約4400万円」としている。同社では業績への影響は現時点では不明であり、明らかになり次第公表するとしているが指名停止による影響を懸念した売りが向かった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費者金融、底打ちの兆し 貸出額、2年ぶりの水準回復」です。

次のニュースは「消費者金融、底打ちの兆し 貸出額、2年ぶりの水準回復」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結