債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者110番:若者、悩まず相談を 10〜20代対象、熊本市であすから /熊本

消費者110番:若者、悩まず相談を 10〜20代対象、熊本市であすから /熊本

報道によると、 熊本市消費者センター(中央区手取本町)は23〜25日、10代や20代の若者を対象にした消費者トラブルの無料相談会「若者消費者110番」を開く。

 

同センターが開設する相談窓口を若者にPRしようと、成人式がある毎年1月に相談会を開いている。

 センターによると、昨年4〜11月に寄せられた相談3383件のうち413件が若者からだった。内容は、身に覚えのない携帯電話サイトの登録料を請求される「架空請求」など、携帯電話やインターネットによるトラブルが136件で最も多い。相談者の中には、出会い系サイトを介して知らない女性とメールのやりとりをし、そのサイト利用料として30万円以上使った人もいた。他にも消費者金融やクレジットカード利用による多重債務が36件、化粧品や美顔器を次々に契約させられるエステのトラブルも32件あった。

 相談会では、消費生活相談員が午前9時〜午後5時、電話や面接で助言を行う。また24、25日の午後1〜4時、弁護士や司法書士が面接で法律相談に応じる(要予約)。センターは「特に若者は、知識不足でトラブルに巻き込まれることが多い。被害を恥ずかしがらずに相談してほしい」と呼びかけている。相談窓口096・353・2500。

タグ:


ひとつ前のニュースは「2012年12月の「信用情報提供等業務に関連する統計」を公表」です。

次のニュースは「ヤミ金被害防止DVD 神奈川県が作成」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結