債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 出資法違反・貸金業法違反:法定金利140倍で貸し付けた容疑、元業者ら6人逮捕 /東京

出資法違反・貸金業法違反:法定金利140倍で貸し付けた容疑、元業者ら6人逮捕 /東京

報道によると、 法定金利の最大140倍で貸し付けをしたとして、警視庁生活経済課は17日、埼玉県志木市、元貸金業、桜井真容疑者(27)ら男6人を出資法違反(高金利)と貸金業法違反(無登録営業)容疑で逮捕したと発表した。貸金業の事務所だった渋谷区のマンションの管理組合が、桜井容疑者らの不審な行動に気付いて原宿署に情報提供した。

 

同課によると、桜井容疑者らは摘発を逃れるために10年4月から事務所を転々としていた。当初、管理組合には居住者名簿を提出せず、複数の男が非常口から出入りするなど不審な行動が目立っていたという。逮捕容疑は11年9月〜12年9月、静岡県熱海市の男性(47)ら顧客3人から、法定金利を124万円上回る計136万円の利息を受領したなどとされる。同課によると、いずれも容疑を認めている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「三井住友FG:消費者金融を強化 宮田孝一社長「貸付残高1兆円に」」です。

次のニュースは「2012年12月の「信用情報提供等業務に関連する統計」を公表」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結