債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 三菱電単体の過払い金は248億円、水増し請求問題で=防衛省

三菱電単体の過払い金は248億円、水増し請求問題で=防衛省

報道によると、防衛省発注の防衛装備品をめぐり三菱電機(6503.T: 株価, ニュース, レポート)など計7社が代金を過大請求していた問題で、同省は21日、過払い金が三菱電機グループ5社で約317億円、住友重機械工業(6302.T: 株価, ニュース, レポート)が子会社1社含めて約24億円になると発表した。

このうち、三菱電機単体の過払い分は約248億円。違約金などを合わせた返納金は1―2カ月以内に算定する見通しで未定だが、1社の返納金としては過去最大になる見込み。防衛省は、返納金支払い後、各社の指名停止処分を解除するとしている。

防衛省によると、三菱電など計7社の過払い金の対象となる契約は、保管文書で確認できる2001年度以降の2万9656件。ただ、三菱電機の水増しは1970年代ごろから始まったことが明らかになっているという。

三菱電機は今年1月に防衛省や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などに対して過大請求があったと発表した。受注した業務の作業時間が見積もりを下回った場合、他の業務時間を振り替えるなどの手口で経費を水増し請求していた。

タグ:


ひとつ前のニュースは「市職員応じる?手当「過払い」で自主返納を要求」です。

次のニュースは「アイフルホーム『新CM「家族をつなぐのは、家だと思う。」』スタート」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結