債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 高額療養費32万円過払い

高額療養費32万円過払い

報道によると、 広島県後期高齢者医療広域連合(広島市中区)は17日、病院窓口などで自己負担の限度額を超える医療費を払った人に差額を返す高額療養費で、9市町在住の131人に計32万6008円を過払いしたと発表した。全員に謝罪し、返還してもらう。

 

いずれも国が認定する毒ガス障害者。6日支給の今月分で、1人当たり3万7260~10円の高額療養費を払い過ぎていた。担当者が、国全額負担の毒ガス障害の医療費を差し引かずに自己負担額を計算したため、高額療養費の支給額が本来の額より高くなったという。

 担当者が来年1月支給分の計算中にミスに気付いた。同連合業務課は「対象者に迷惑を掛け大変申し訳ない。チェック態勢を強化したい」としている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「山田孝之、大島優子出演!映画『闇金ウシジマくん』発売」です。

次のニュースは「消費生活相談 高齢者が大幅増30.8%」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結