債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金業法違反:容疑で男逮捕−−宇部署 /山口

貸金業法違反:容疑で男逮捕−−宇部署 /山口

報道によると、県に登録しないまま業務として現金を貸し付けていたとして、宇部署は28日、宇部市明神町2、会社役員、秋村正宏容疑者(71)を貸金業法違反の疑いで逮捕したと発表した。

秋村容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年12月28日〜今年9月15日ごろ、宇部市に住む39〜70歳の男性4人に対し、計7回にわたって合計921万5000円を貸したとしている。

 今年8月、秋村容疑者に金を借りた男性から「借金の取り立てが厳しい」と同署に相談が寄せられていた。

タグ:


ひとつ前のニュースは「アイフルは自民党の小口金融市場政策など好感して高値に進む」です。

次のニュースは「公的年金、専業主婦への過払いも未解決」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結