債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 外資系銀行 高金利キャッシングで多大な収益=韓国

外資系銀行 高金利キャッシングで多大な収益=韓国

報道によると、資系銀行がクレジットカードのキャッシングサービスで多大な利益を上げている。

 

カード業界などによると、クレジットカード事業を扱う英金融大手のスタンダードチャータード銀行と米シティバンク銀行の9月のキャッシングサービスをみると、利用客の約80%に24~30%の金利が適用されたことが分かった。

 金利だけをみると、キャッシングの平均金利が22%台のクレジットカード会社や、39%台の消費者金融と大差ない。

 預金金利などは1桁の低利率にもかかわらず、それで調達した資金で高金利のキャッシングサービスを行い、多大な収益を上げていることになる。

 高金利のキャッシングサービスは信用等級の低い低所得層に集中しており、家計の悪化に拍車をかけていると指摘される。

 一方、地方銀行もキャッシングサービスで高収益を上げている。

 キャッシングサービス利用客のうち、24~30%の高金利キャッシングの利用客は釜山銀行で73.4%、光州銀行で68.8%、慶南銀行で67.6%に達した。

 クレジットカード会社関係者は「金融当局の各種規制により収益性が悪化したため、キャッシングサービスの拡大に関心が集まっている」と分析した。

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士創業家は争う姿勢 岡山地裁の過払い金訴訟」です。

次のニュースは「フランスのこっそり銀行救済、6.2兆円-デクシアの次はPSA」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結