債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士:過払い金集団訴訟 原告側「返還を」 武富士「棄却を」−−地裁第1回口頭弁論 /岡山

武富士:過払い金集団訴訟 原告側「返還を」 武富士「棄却を」−−地裁第1回口頭弁論 /岡山

報道によると、消費者金融大手「武富士」(会社更生手続き中)の過払い債権者121人が、創業者の家族ら9人に約2億3200万円の損害賠償を求めた集団訴訟の第1回口頭弁論が17日、岡山地裁(古田孝夫裁判長)であった。

原告側は「過払い金を返還して」と訴えた。武富士側は棄却を求めた。

 訴状によると、原告側は、武富士が経営破綻し、過払い金の利息相当額を受け取れなかったと主張。会見した原告の男性は「厳しい取り立てを迫られたが過払いと分かり、怒りが込み上げる。死にものぐるいで集めた金を返して」と訴えた。

 集団訴訟は全国16地裁・支部で起こされ、原告2698人、請求額計約62億5000万円に上る。弁護団は追加提訴を検討している。問い合わせは、岡山弁護団事務局(086・231・1188)

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士創業家は争う姿勢 岡山地裁の過払い金訴訟」です。

次のニュースは「消費者金融2社が反落、野村証が「弱気」に格下げ」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結