債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者金融モビットの合弁解消へ 三菱UFJ・三井住友

消費者金融モビットの合弁解消へ 三菱UFJ・三井住友

報道によると、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)と三井住友FGは27日、消費者金融会社「モビット」への共同出資を2013年度下半期に解消すると発表した。モビットを分割し、主要事業を両グループがそれぞれ引き継ぐ。

 

消費者向けローン事業(12年3月末の貸出残高は1683億円)は、三井住友傘下のSMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)が引き継ぐ。金融機関向けの信用保証事業(同保証残高684億円)は、三菱UFJ傘下の三菱東京UFJ銀行とアコムが共同で運営する。モビットのブランド名はSMBC社が引き続き使う。同社の消費者向けの貸出残高は計約9千億円となり、アコムを抜いて業界首位になる。

 モビットは旧三和銀行とプロミスが00年に設立したが、両社が三菱UFJFGと三井住友FGに再編されたため、2メガバンクグループが共同出資する形になっていた。

タグ:


ひとつ前のニュースは「県農林公社 廃止」です。

次のニュースは「武富士:民事訴訟 裁判官忌避を弁護団申し立て /広島」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結