債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 中小企業狙いヤミ金か 容疑の男5人を逮捕

中小企業狙いヤミ金か 容疑の男5人を逮捕

報道によると、  中小企業経営者らを相手に無登録のまま高金利で金を貸したなどとして、埼玉県警生活環境2課と鴻巣署は12日、貸金業法違反と出資法違反の疑いで、東京都中野区のヤミ金業者を摘発し、男5人を逮捕した。

同日、男らの事務所を家宅捜索したところ、約200人の住所などが載った顧客名簿とみられるものが見つかり、同課は他にも被害がなかったか捜査を進める。

 逮捕されたのは、千葉県市川市妙典、戸辺康介(32)▽さいたま市大宮区吉敷町、銘(め)苅(かり)朝(とも)仁(ひと)(28)▽埼玉県朝霞市西原、国吉真(まさ)登(と)(22)▽東京都北区志茂、佐藤進(30)▽台東区浅草橋、嘉(か)数(かず)透(28)-の5容疑者。戸辺容疑者ら4人は「金を貸したことはない」などと容疑を否認し、嘉数容疑者は「貸金業をやっていた」などと認めている。

 生活環境2課の調べでは、5人は貸金業の登録をしないまま、昨年9月から今年5月、介護施設経営者の男性(68)ら3人に対して計146万円を貸し、最大で法定利息の約127倍の利息を受け取った疑いが持たれている。

 同課によると、5人はダイレクトメールなどの宣伝で個人経営者を勧誘。中小企業への資金提供などと称し、手形や小切手の買い取りを装って金を貸していた。

タグ:


ひとつ前のニュースは「中国の消費者金融市場は、2016年まで年平均24.3%で拡大する見込み [株式会社グローバルインフォメーション]」です。

次のニュースは「損賠訴訟:八郎湖漁協委託事業費「過払い分返還請求を」 県生連が県を提訴 /秋田」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結