債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 中国の消費者金融市場は、2016年まで年平均24.3%で拡大する見込み [株式会社グローバルインフォメーション]

中国の消費者金融市場は、2016年まで年平均24.3%で拡大する見込み [株式会社グローバルインフォメーション]

報道によると、  株式会社グローバル インフォメーションは、BRICdataが発行した報告書「Emerging Opportunities in the Chinese Consumer Finance Market: Market Size, Strategies, Products and Competitive Landscape (中国の消費者金融市場の新たな機会:市場規模、戦略、商品、競争環境)」の販売を開始しました。

2007年から2011年まで、中国の消費者金融市場は、年平均28.33%(CAGR)で成長しました。また2012年から2016年にかけても、CAGR 24.3%の高成長を維持すると予想されています。同国のマクロ経済の向上や、消費者金融商品への需要の高まりが、成長要因として挙げられます。

中国の消費者金融市場では、住宅ローンが最大部門となっています。同部門は、2007年から2011年においてCAGR 24.65%で拡大し、2012年から2016年の間は、CAGR 20.86%で成長する見通しです。

中国の人々は、従来、住宅以外の資金調達にクレジットを利用するのは懐疑的でした。しかし、可処分所得の水準が向上するにつれ、消費者は個人ローンをますます利用しつつあります。

中国のライフスタイルの変化が、クレジットカードの成長を促進しています。中国で発行されたクレジットカードの数は、2008年から2011年の間に年平均27.47%(CAGR)で拡大しました。

当報告書は、中国の消費者金融市場について分析し、市場動向や今後の見通しなど、最新情報を提供しています。

タグ:


ひとつ前のニュースは「出会い系などが15% 消費生活相談」です。

次のニュースは「中小企業狙いヤミ金か 容疑の男5人を逮捕」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結