債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > プログラム更新ミスで「子ども医療費」123万円過払い 入間市

プログラム更新ミスで「子ども医療費」123万円過払い 入間市

報道によると、埼玉県入間市は22日、平成23年度の「子ども医療費」で計約123万円分の過払いがあったことを明らかにした。

支給システムのプログラム更新作業のミスが原因で、今後各世帯に返還を求めるという。

 入間市は子育て支援策として小学2年生までの通院費と小学3年生までの入院費を負担している。23年度中に支給した子ども医療費のうち、23年6月から今年3月にかけて940世帯に支払った123万6855円分が過払いだったという。

 昨年6月にシステムのプログラム更新作業を行った際、委託業者が誤って本来支給対象でない薬の容器代やおむつ代などを支給対象に設定。市職員による確認作業でもミスに気付かなかった。今年4月にシステム更新作業を行った際、職員が気付いた。

 入間市は6月から、各世帯を直接訪問するなどして過払い分を返還するよう求めていくという。

タグ:


ひとつ前のニュースは「住宅を残して債務を整理する――「個人民事再生」の手順と注意点を詳しく解説!」です。

次のニュースは「自見大臣 貸金業法見直し必要ない」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結