債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 生活保護費「過払い返還命令は違法」

生活保護費「過払い返還命令は違法」

報道によると、 福岡県大野城市が誤って過払いした生活保護費約30万円の返還を命じたのは違法だとして、同市の女性(77)が24日、返還決定の取り消しなどを市に求める訴訟を福岡地裁に起こした。

 

訴状によると、女性は両膝に障害があり、仕事ができなくなったため、2009年3月下旬から生活保護費を受給。ところが市は同4月から21カ月分について過払いがあったとして11年3月、返還を命じる決定をした。

 女性側は「収入申告していた遺族年金を計上せず、過払いしたのは市のミスだ。金は使い切り、返還する余裕はない。何の落ち度もないのに、責任転嫁されるのはおかしい」と訴えている。

 女性は障害が悪化し階段の上り下りが困難になったため、当初入居していた団地の4階から2階に転居したが、新たに負担した敷金や家賃の増額分について、保護費の支給を認めない市の決定の取り消しも求めた。

 同市生活支援課の小谷克明課長は「訴状を見ていないのでお答えできない」と話している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「アイフル(8515)が揉み合い放れの兆し、日銀による追加緩和期待も後押し」です。

次のニュースは「名目の多い銀行の手数料」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結