債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 法テラスの相談件数1割減

法テラスの相談件数1割減

報道によると、日本司法支援センター広島地方事務所(法テラス広島、広島市中区)が2011年度に受け付けた法律相談は10年度比約1割減の6271件となり、初めて減少に転じた。

センターは消費者金融などへの過払い金をめぐる相談がピークを過ぎたためと説明している。

 センターは、面談や電話を受け、法的トラブル解決のための無料の情報提供や法律相談、資力が乏しい人への訴訟費用援助などをする。06年10月の開設以降、法律相談の件数は増え、10年度は07年度の約2・4倍の6880件となった。

 しかし、11年度は消費者金融などに過払い金返還を求める訴訟が一段落し、多重債務に関する相談が減少。一方で、離婚や相続などをめぐる相談は引き続いて増加傾向という。石口俊一所長は「家事事件に関する相談は潜在的な需要がまだある。法テラスの役割などについて周知を徹底し、需要を掘り起こしたい」としている。

 14日には広島、福山など広島県内20市町で収入が少ない人を対象に無料相談会を開く。開催場所の問い合わせ、予約などは同センター=電話050(3383)5485。

タグ:


ひとつ前のニュースは「フィッシング詐欺に引っ掛かってしまったら……マカフィーが安全の手引き」です。

次のニュースは「私的整理、県内実績ゼロ 運用開始から7カ月」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結