債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 米経済を圧迫する学生ローン地獄

米経済を圧迫する学生ローン地獄

報道によると、 アメリカの学生ローンの残高がついに1兆ドルを超えた。ニューヨーク連邦準備銀行が予測していた額より約16%も高い数字だ。

 大学の学費がインフレ率より早く上昇するなか、政府や銀行から借り入れる学生ローンの利用者も額も増大している。NPO「ヤング・インビンシブル」によれば、借り入れ額は、一人あたり平均して7万6000ドル。借り手の多くは利率や返済期限をきちんと確かめずにローンを組むため、卒業後の返済に苦労するはめに。ニューヨーク連邦準備銀行によれば、借り手の25%以上が返済期日に遅れている。

 学生ローン残高の増大は、消費力の低下や不動産市場の停滞など、経済全体に影響を及ぼす。

「初めてマイホームを購入する層は住宅市場において極めて重要だ。だが学生ローンを借りた人たちは、住宅購入の頭金を貯めるより毎月の返済で手一杯になっている」と、消費者金融保護局で学生ローンのオンブズマンを務めるロヒト・チョプラは言う。「若い世代は学生ローンの返済という原罪を背負わされているようなもの。彼らは、より良い人生を送るために金を借りてでも教育を受けなさいと、言われたことをやっただけなのに」

タグ:


ひとつ前のニュースは「“過払い金”ができないかチェックしてみよう!」です。

次のニュースは「Jトラスト:ネットで武富士ブランド展開、新規融資-店舗・契約機全廃」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結