債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 環境厳しい消費者金融…“過払い金”返還請求は早めに

環境厳しい消費者金融…“過払い金”返還請求は早めに

報道によると、一昨年9月に経営破たんし、会社更生手続き中の某大手消費者金融のスポンサーが金融・不動産業などを行っている中堅ノンバンクの某社に決定した。

当初、韓国の大手消費者金融がスポンサーになる予定だったが、韓国の本社が不当に金利収入を得ていたとして、業務停止処分を受けることが決まり資金繰りが悪化、某大手消費者金融の買収を断念したのだ。

 昨年12月28日、東京地裁は中堅ノンバンクの某社を新たな買い手とする更生計画の変更を認めた。この決定により、利息返還を求めた90万人を超える顧客には、更生計画案で決めた3・3%の返金が今年の1月中旬から始まった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「想定上回る過払い返還、アイフル希望退職者募集」です。

次のニュースは「“過払い金”ができないかチェックしてみよう!」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結