債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 出口見えぬ不況 生活費工面、多重債務に陥るケースも

出口見えぬ不況 生活費工面、多重債務に陥るケースも

報道によると、厚生労働省の統計によると、有効求人倍率は、0・8倍にも満たない下げ止まり状態が続いている。

また、ここ数年の完全失業率は毎月5%前後で推移しており、実に20人に1人が失業していることになる。出口の見えない不況が続いている昨今、消費者金融やクレジットカードなどのキャッシング利用者における多重債務が社会問題となっている。

 東京都消費生活総合センターが実施している「多重債務に関する相談」によると、多重債務の職業別割合はサラリーマンが全体の半分以上と最も多く、次に無職が続く。その主な原因として「低収入・収入減」が約60%を占めるという。

タグ:


ひとつ前のニュースは「丸和商事破綻:スルガ銀行が完全子会社化へ 消費者金融強化 /静岡」です。

次のニュースは「丸和商事破綻:スルガ銀行が完全子会社化へ 消費者金融強化 /静岡」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結