債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > モビット共同出資解消へ 三菱UFJ・三井住友が交渉

モビット共同出資解消へ 三菱UFJ・三井住友が交渉

報道によると、 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)と三井住友FGが、消費者金融事業「モビット」への共同出資を解消する交渉に入った。

モビットの事業を分割し、それぞれのグループに取り込む案が有力だ。

 モビットは現在、三菱東京UFJ銀行と、三井住友傘下の消費者金融大手プロミスが、50%ずつ株を持ち合っている。経営が非効率になりがちな折半出資を解消することで、両グループの考えが一致した。

 具体的には、モビットの業務のうち、地方銀行の消費者ローンを保証する業務を三菱UFJ側に、消費者向けの貸し出し業務をプロミスに、それぞれ引き継ぐ案などを検討している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「銀行が消費者金融を買収…“過払い金”はどうなる?」です。

次のニュースは「民主:消費者金融の規制緩和を議論」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結