債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 低迷する消費者金融…“過払い金”返還も加速

低迷する消費者金融…“過払い金”返還も加速

報道によると、 某メガバンクは昨年12月1日、グループ傘下である大手消費者金融への株式公開買い付け(TOB)を終了したと発表した。

取得額は約710億円とのこと。これにより、同行が保有する大手消費者金融の株式は22・0%から93・8%に上昇。また、昨年12月26日に大手消費者金融が実施した約1200億円の第三者割当増資を某メガバンクグループが引き受けたことによって筆頭株主となり、今年4月には完全子会社とする予定だ。

 消費者金融業界は、一昨年9月に経営破たんし、現在会社更生手続き中の大手消費者金融を皮切りに、経営破たんする会社が後を絶たない。その消費者金融を苦しめているのは過払い金(顧客が払い過ぎた利息)の存在だ。

 この問題について、過払い金返還請求や債務整理を専門とする司法書士法人新宿事務所の山中真理子司法書士は「貸金業法の改正による規制の強化で、消費者金融の市場規模は1年間で約1兆円も縮小しました。一方で過払い金返還の請求件数は、経営破たんした大手消費者金融の影響により、急増した経緯があります。中でも顧客数を多く抱える大手消費者金融3社は昨年2月に過去最多の4万7200件もの請求がありました。急激に増えた過払い金返還請求に返還が追い付かず、過払い金の解決まで1年を要する場合もあります」と語る。

 また「大手3社に対して過払い金返還請求できる人は、500万人とも言われています。まだ数百万人ものキャッシング利用者が、過払い金の存在に気づかずに、本来払う必要のない高い利息を払い続けています。払いすぎた利息を元本の返済に充当することで、借金を減額し、多重債務の解決も出来ます。現在、キャッシングを利用中の方も、過去に完済された方も、過払い金を返還請求する権利が失われる前に相談して下さい」と続けた。

タグ:


ひとつ前のニュースは「グレーゾーン金利巡る貸金業者の賠償請求棄却」です。

次のニュースは「消費者金融3社、過払い返還金最高ペース」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結