債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > カード・信販大手5社、4社減収 2社増益、4~12月期決算

カード・信販大手5社、4社減収 2社増益、4~12月期決算

報道によると、 上場クレジットカード・信販大手5社の2011年4~12月期(イオンクレジットサービスは3~11月期)の連結決算が9日までに出そろった。キャッシング部門の低迷で4社が減収だったが、過去に払いすぎた利息(過払い金)の請求訴訟が沈静化したことなどで2社は増益となった。

 

クレディセゾンの純利益は13%増加。改正貸金業法の完全施行の影響でキャッシング取扱高は引き続き減少したが、与信管理の強化や貸倒関連費用の減少で利益率が改善した。ジャックスも貸倒費用の減少で37%の増益を確保した。

 一方、オリエントコーポレーションは東日本大震災の影響による自動車ローンの減収が響き、純利益は半減。イオンクレは唯一、増収だったが、震災関連の特別損失の影響で13%の減益だった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「保険料立替払い、県が143万円過払い 秋田」です。

次のニュースは「グレーゾーン金利巡る貸金業者の賠償請求棄却」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結