債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 過払い請求で防衛省 三菱電機を特別調査

過払い請求で防衛省 三菱電機を特別調査

報道によると、防衛省は三菱電機が設計工数などを過大に申告し過大請求したことを受け、同社に対し特別調査を行い実態把握に乗り出す。

 

 これは原価集計について防衛省が報告を求めた結果、同社の調べで分かったとして自主申告があったことを受けての措置で、防衛省では過払い金の国庫返納と再発防止策が報告されるまで同社を指名停止処分とした。防衛省では「真にやむを得ない場合を除き契約をしない」で実態解明に努める。

  また、独立行政法人宇宙航空研究開発機構、内閣衛星情報センターも同様に過大請求を受けていたことから、防衛省と同様の措置をとった。内閣衛星情報センターは過払い金の国庫返納と再発防止策の状況をみて指名停止期間を判断するとして、指名停止期間は最長1年6ケ月以内とした。

  三菱電機では「調査には全面的に協力する」とし、「過大請求した額、国庫への納入時期など、調査で明らかになり次第開示する」としている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「被災地の「二重ローン問題」、手元資金上限を500万に拡大」です。

次のニュースは「“過払い金”請求しても借り入れは可能…借りれなくなるは誤解」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結