債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 阪神大震災で多重債務の女性 「助けて」一言が言えない

阪神大震災で多重債務の女性 「助けて」一言が言えない

報道によると、 17日で発生から17年を迎える阪神大震災では、家や仕事を失った人たちが、消費者金融などから借金を重ね、多重債務に陥るケースが相次いだ。

震災後に福山市に移住した豊中ふき子さん(58)(仮名)もかつて、借金を重ね、苦しんだ一人だ。「責任を感じ、『助けて』の一言が言えない」。自らの経験を振り返り、東日本大震災でも、同様の問題を心配している。(石原敦之)

 「つらいことばかりだが、あの体験があったから、今、他人を思いやることができる」。豊中さんは苦しかった日々を振り返った。

 17年前のあの日、豊中さん家族3人は、兵庫県尼崎市の自宅で被災した。木造2階建ての住宅は全壊し、家財道具も持ち出せなかった。夫の勤務先の計らいで、次男を残し、夫婦で福山市に移り住んだ。

 生活は苦しかった。夫は出張が多く、独りで家にいると、震災の恐怖がよみがえった。1996年、同県内に住む母親がB型肝炎で入院した。心配でならず、新幹線で月10回も見舞いに通った。

 家財道具を一からそろえたこともあり、出費がかさんだ。足りない生活費を消費者金融から借りた。最初はほんの5万円程度。それが次第にふくれあがった。

 返済のためにまた借金をした。持っていた貴金属を売り、アルバイトをしても間に合わなかった。ヤミ金に手を出した。夫にも、誰にも相談できなかった。

 「頭がまひしていた。自分で何とかしなければと、それしか考えられなかった」。2003年、借金は約10業者、計約350万円になっていた。ある業者に「返せない」と弱音を吐いた。猛烈な取り立てが始まった。夫の勤め先にも電話が鳴った。

 初めて夫に実情を打ち明けた。離婚は覚悟していた。だが夫は「わしがもう少し気を付けていれば良かった」と言ってくれた。夫婦で一緒に、多重債務者を支援する「福山つくしの会」に相談した。会は自己破産の手続きを手伝ってくれた。

 翌04年1月に自己破産した。再出発を誓った直後、悲劇が起きた。同年11月、同県西宮市で一人暮らしをしていた次男(当時29歳)が自殺した。

 次男は、2年前にB型肝炎が原因で倒れ、定職に就けずにいた。遺書はなかったが、車のローンなどもあったようだ。「私の借金を知り、言いづらかったのだろう。なぜ気付けなかったのか。自分だけ助かり、息子を救えなかった」

 豊中さんは今、同じような境遇で苦しむ人たちの力になろうと、「つくしの会」で体験談を語る。昨年3月の東日本大震災で、自分と同じような体験をする人がいるのではないかと、心配でならない。

 「けなげに耐える姿の陰で涙をこらえているはず。必ず支えてくれる人たちがいることを伝えたい」と思っている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「営業利益率40%超の未開拓市場中国進出を図るプロミスの成算」です。

次のニュースは「提訴:「アスタくにづか」店舗所有者52人、管理費3億円の過払い返還求め /兵庫」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結