債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 多重債務には任意整理や過払い金返還も

多重債務には任意整理や過払い金返還も

報道によると、  金融庁の発表によれば、貸金業登録数は平成23年度下期で2432社と、10年前に比べて約10分の1以下に減っていることが明らかになった。

貸金業法の改正による規制強化や増加の一途をたどる過払い金返還請求により、経営が行き詰まり廃業する貸金業者が後を絶たない状態だ。

 その一方で、貸金業の登録を行わず違法な高金利で貸し付けを行うヤミ金の数は増えている。

 昨年7月のヤミ金利用者の推計は、約58万人と3年前の1・3倍に増加している。一昨年6月に総量規制が導入され、個人の借入総額が原則年収等の3分の1までに制限されたことを受けて、消費者金融やクレジットカード会社は貸し付けの基準を厳格化したため、いわゆる貸し渋りの状態にある。

 この問題について、債務整理や過払い金返還請求を専門にしている司法書士法人新宿事務所(所員70人)の山口花司法書士は「消費者金融の新規貸付額は4年前に比べ6割も減少した。また、以前はカードの利用限度枠上限まで借り入れをしていても、返済をすればその分また借り入れができたため、いわゆる自転車操業をされている人が多くいました。しかし、総量規制の影響で新たな借り入れができなくなり、やむを得ず違法な業者から借り入れをする人が増えています。仮に一時的な資金を確保できても、借金問題の根本的な解決方法になりません」と語る。

 さらに「過去に消費者金融やカードキャッシングを利用した1000万人近い人々が、利息の払い過ぎで過払い金が発生しているのを知らずに、必要以上の返済を続けている可能性があります。多重債務で苦しんでいる方は、任意整理や過払い金返還請求で解決を図ることをおすすめします」と続ける。

 任意整理とは、貸金業者からの督促を止めて、借金の元金を生活に影響のない分割払いで完済していく手続きのこと。

 また、同事務所では、現在過払い金の有無を調査する無料サービスも期間限定で実施中だ。「自分にも過払い金はあるのか?」と思った人は、年中無休で午前8時から深夜24時まで対応している「過払い金・債務整理の無料相談ダイヤル(0120・783・713)」で今すぐ、確認してはどうだろうか。

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士、韓国金融大手との契約解除 新スポンサーにJトラスト」です。

次のニュースは「Jトラスト(8508)武富士の再建支援スポンサーに」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結