債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 更生手続き中の武富士支援、韓国企業が撤退へ

更生手続き中の武富士支援、韓国企業が撤退へ

会社更生手続き中の消費者金融・武富士の事業を受け継ぐはずだった韓国の消費者金融A&Pファイナンシャルが撤退する。


 

管財人は、清算型の破産手続きに移行することを避けるため、新たな支援企業として、過去に名乗りを挙げた米投資ファンドのTPGか、消費者金融のJトラストのどちらかを28日中にも選ぶ方向で詰めの協議をしている。

 A&Pが撤退するのは、買収資金の約282億円を調達できなかったからだ。裁判所が更生計画を認可した後に支援企業が変わるのは異例だ。

 TPGかJトラストが支援企業に決まれば、91万人に上る武富士の債権者に返済できる割合を示す弁済率は当初計画の3・3%から変わらないとみられる。管財人は来年1月中旬にも返済を始めたい意向だ。

タグ:


ひとつ前のニュースは「“過払い金”1000万円超のケースも」です。

次のニュースは「武富士、韓国金融大手との契約解除 新スポンサーにJトラスト」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結