債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 府内12人、武富士の創業者遺族を提訴

府内12人、武富士の創業者遺族を提訴

報道によると、 消費者金融会社の武富士(会社更生手続き中)の経営破綻(はたん)で払い過ぎた利息を返してもらえなくなったとして、府内の借り手12人が14日、創業者の遺族3人に約2900万円の損害賠償を求める集団訴訟を大阪地裁に起こした。

 

訴状によると、創業者の武井保雄元会長(故人)や取締役だった遺族らは、利息制限法の上限を超える利息を受け取る違法な経営を放置し、高額の配当を受けるなどして会社を破綻させたとしている。1人あたり最大約770万円の支払いを求めている。

 原告弁護団によると、同様の集団訴訟は11月末までに全国16地裁・支部で起こされ、追加提訴も予定されている。問い合わせは武富士の責任を追及する全国会議(047・360・2123)へ。

タグ:


ひとつ前のニュースは「クレディセゾン(8253) アメックス提携カード」です。

次のニュースは「主婦が“ヤミ金”の餌食…専門家に相談を」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結