債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > クレディセゾン(8253) アメックス提携カード

クレディセゾン(8253) アメックス提携カード

報道によると、東海東京調査センターは12月15日にクレディセゾン(8253)のレーティングを「2」(=やや強気)継続と解説。
 

震災後の自粛ムードで落ち込んだ高級品消費が6月あたりから回復傾向にある。当初の貴金属や宝飾品消費の増加から高級ブランド品へ拡大している模様。
 注力しているアメックスとの提携カード「セゾンアメリカンエクスプレスカード」の利用本格化が期待できる。

 高級品消費は以前は株価との関連が深かったが、株価の長期低落により、足元の株安も影響は以前ほど強くない。
 
 過払い利息請求件数(弁護士の介入件数)は、10月が2,500件、前年同期比52.5%減と半減している。過払い利息の未払い在庫は積極的に返済し、上期の利息返還損失引当金の取崩額は85億円、残高は253億円となった、このペースでいけば、来期には未払い在庫も減少し、繰入負担も限定的になる模様と解説。(W)


タグ:


ひとつ前のニュースは「“破綻”大手の過払い金返還額3・3%!」です。

次のニュースは「府内12人、武富士の創業者遺族を提訴」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結