債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 時効後の保険料収納で過払い=年金減額など対応策検討―厚労省

時効後の保険料収納で過払い=年金減額など対応策検討―厚労省

報道によると、 国民年金の保険料について一部の年金事務所が、納付期限(2年間)が過ぎているにもかかわらず収納を受け付けたため、年金の過払いが生じているケースがあることが8日までに厚生労働省の調査で分かった。

同省は該当する人に時効分の保険料を返還する一方、年金を減額するなど対応策の検討を始めた。 

タグ:


ひとつ前のニュースは「“過払い金利”を取り返すなら今のうち!」です。

次のニュースは「年金過払い解消、「5年間」軸 政府・民主が調整」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結