債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 主婦年金法案を閣議決定 過払い返還求めず

主婦年金法案を閣議決定 過払い返還求めず

報道によると、  政府は22日の閣議で、保険料未納となっている専業主婦ら国民年金の第3号被保険者を救済する国民年金法改正案を決定した。

 

本来より多く年金を受け取っている受給者に過払い分の返還を求めないことに対し、野党から正しい手続きをした人に比べ不公平だとの批判が出ている。政府、与党は今国会での成立を目指すが、審議は来年の通常国会に先送りされる可能性が高い。

 改正案は(1)保険料未納期間を受給資格期間に算入するが、年金額には反映させない(2)3年間の時限措置として、過去10年分の保険料未納分を追加で納付できる(3)未納状況に応じ年金額を10%以内で減額する―などの内容。

タグ:


ひとつ前のニュースは「利息返還請求件数は減少基調、成長戦略に転換へ=アコム」です。

次のニュースは「武富士創業者遺族に9800万円支払い求める」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結