債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 利息返還請求件数は減少基調、成長戦略に転換へ=アコム

利息返還請求件数は減少基調、成長戦略に転換へ=アコム

報道によると、  アコム(8572.T: 株価, ニュース, レポート)の木下盛好社長は10日の決算会見で、利用者が過去に払い過ぎた利息の返還を請求する件数について「明らかな減少基調にある。緩やかではあるが正常化に向けて改善していくと期待したい」と述べた。

 

この上で、「これまでは、貸金業法の改正への対応や経営体質強化策への対応が重点課題だったが、中長期的な視点では業容拡大に軸足を置いた戦略投資に舵を切ることも必要」と話し、広告宣伝やシステム投資などを進めて成長戦略に転換していく意向を示した。

 三菱UFJフィナンシャルグループ(8306.T: 株価, ニュース, レポート)との資本関係の強化は「考えていない」と述べ、銀行からの調達や自己資金で戦略投資を進める考えを示した。

ただ、利息返還請求の今後の動向や、東日本大震災による影響がどうなるかを見極めたいとして、2012年3月期の連結当期損益予想は429億円で据え置いた。トムソン・ロイター・エスティメーツによると、アナリスト3人が過去90日間に出した予測の平均値350億円を22.2%上回っている。前年実績は2026億円の赤字だった。

 2011年4―9月の連結当期損益は283億円の黒字に転換した。前年同期は438億円の赤字だった。実績の通期予想に対する進ちょく率は66.1%。

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費者金融の利用者は注目!“過払い金返還手続き”って知ってる?」です。

次のニュースは「主婦年金法案を閣議決定 過払い返還求めず」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結